ブログ

はじめてカメラに触れたのは、中学校に通っていたころ。カメラ好きの父親に影響され、
瞬間を永遠に切り取れることが面白く夢中なったことを覚えている。あれからいつの間にか「写真家」になった。